「薬と健康の週間」の活動

医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの方に知っていただくために、毎年10 月17 日〜23 日の1週間を「薬と健康の週間」とし、ポスターを用いた広報や、地域住民に向けたイベントなどの積極的な啓発活動を行っています。厚生労働省、都道府県、日本薬剤師会及び都道府県薬剤師会が実施している一斉行動です。

「薬と健康の週間」の活動

イベントレポートを読む

毎年10 月17 日~23 日に行われている「薬と健康の週間」の期間中は、各地で「健康フェア」をはじめとするさまざまなイベントが行われています。ここでは、過去に行われたイベントの様子をご紹介します。


平成29年度 福岡県

くすりと健康フェア2017

平成29年10月21日(土)に、福岡天神大丸エルガーラ・パサージュ広場にて、オープンスペース会場プランとして、誰もが体験できるアウトリーチ型イベントを開催しました。より多くの方に「かかりつけ薬剤師・薬局」の活用法について知っていただくことを目的としました。1ブースで最大500人の県民の皆さまがご参加くださいました。


平成28年度 徳島県

くすりと健康フェア -くすりのこと知っとうday-

平成28年10月30日(日)に、徳島大学薬学部で開催しました。健康フェアのテーマは「くすりと健康フェア - くすりのこと知っとう day -」、300名弱の県民のみなさまにご参加いただきました。


平成27年度 山口県

ぶち元気!やまぐちねんりんフェスタ 薬と健康ナビステーション

県内初のドーム型屋内運動場で、野球、サッカー、テニス等のスポーツや、展示会、コンサート等のイベントなどに利用可能な「山口きらら博記念公園多目的ドーム(きららドーム)」で、平成27年10月1日(土)~19日(月)の3日間、開催しました。

イベントレポート一覧へ