「薬と健康の週間」の活動

第5回健康フェア

平成30年度 群馬県

平成30年度の健康フェアは、毎年恒例のお薬相談などに加え、新しい試みとして「脳活測定」を取り入れました。多くの方にご参加いただき、地域の皆さまと触れ合うとても貴重な機会になりました。

健康フェアの概略について教えてください

健康フェアのメインの企画は、薬剤師がお薬のことや健康について相談にのるお薬相談です。日ごろ薬や健康について気になっていることを薬剤師に直接、気軽に相談できる機会としています。

他の企画で人気のあるものに「健康測定」があります。こちらも毎年好評で、多くの方に体験いただいています。測定結果を見て医療機関への受診や健康診断に結び付けたり、毎年来場されて変化を確認されている方も多くいらっしゃいます。


フェアの内容は?

健康フェアでは下記のことを行いました。

  • 薬と健康の相談コーナー
  • 各種測定機器
    (血圧測定・血管年齢測定・骨量測定・精密血行測定・
    嗅覚検査・脳活測定)
  • 認知症カフェ
  • 子供薬剤師体験
  • 学校薬剤師の活動パネル展示
  • 乳がん予防とパネル展示
  • 抽選会
  • お薬相談コーナーでは皆さん熱心にお薬や
    病気のことを質問していらっしゃいました

    抽選会では豪華賞品を用意

    毎回人気の血管年齢測定

    4つのサンプル(イチゴ、チョコレート、ミント、煙)の臭いを嗅ぎ分ける嗅覚測定コーナー


    好評だった企画は?

    各種測定コーナーは毎年人気があり、好評の企画です。今年初めて取り入れた「脳活測定」は特に興味を持っていただけました。すぐ隣のブースに認知症カフェを設けたことで、測定後の相談もしやすかったと思います。

    子ども薬剤師体験では、疑似処方箋を用いて、ラムネを錠剤に見立てて、分包機で分包、薬袋に入れてお薬を渡すまでを体験していただきました。白衣を着て記念写真を撮り、修了証をお渡ししました。体験の様子を後から振り返ることができ、記念に残ると親御さんからも大変好評でした。

    初めての試みながらとても好評だった
    脳活測定コーナー

    子ども薬剤師体験のコーナーでは白衣を着て薬剤師さんと一緒に調剤を体験してただきました


    工夫した点は?

    薬と健康の週間は全国規模のイベントになので、測定機器など使用する機材を早めに発注するなど、準備の段階から計画的に行うようにしています。また、お客さんに飽きられないように、毎回興味を引く測定機器を最低ひとつ、新たに取り入れるようにしています。告知に関して今回初めてラジオを使用してみましたが、一定の効果があったように思います。


    参加者の反応はいかがでしたか?

    ありがたいことに毎年、多くの方にご参加いただいています。参加者の皆さまからいただいたコメントの一部をご紹介します。

  • 様々な測定で自分の機能年齢がわかり、興味深かったです。
  • 初めての参加で、とてもにぎやかなイベントであることに驚きました。今後も参加したいと思いました。
  • 身近な場所で行っており、子どもにも優しく説明してくれるところが良かったです。これからも、わかりやすい薬の説明をお願いできるとありがたいです。
  • 普段意識していない健康のことを再認識できる良い機会だと思いました。
  • 健康志向の方も多いと思います。このような企画は大変ありがたいです。
  • 薬剤師さんが薬や病気のことについてよく話を聞き、丁寧に説明してくれるので安心できました。
  • 今回は混んでいたため、参加できないコーナーがあり残念でした。またの機会を楽しみにしています。
  • 普段から健康意識を高めておこうと思いました。
  • 各種測定コーナーは大変人気でした!(血圧測定・血管年齢測定・骨量測定・精密血行測定・嗅覚検査・脳活測定)


    地域住民へのメッセージをお願いします

    毎年足を運んでいただき、本当にどうもありがとうございます。地域の皆様の健康をサポートし、気軽に相談しやすい薬局を会員全員が心掛けていきたいと思っています。薬や健康に関して不安なことがあればいつでも薬局にお立ち寄りください。

    イベントの主催者や参加団体について

    開催主催者:高崎市薬剤師会
    参加団体:群馬県薬剤師会